« 視力低下システムソニーPSP | トップページ | スマホのゲームアプリは仮性近視の最大誘引 »

2017年9月12日 (火)

子供の視力回復~未来の視力アップ

仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目がないばかりか、使い方によってはとても危険な場合があります。仮性近視を治す方法はないか、よく調べないで、眼科医の言いなりで最終的に「メガネを作りましょう」という結論に落ち着いてしまうのは、実は愚かなことなのです。



しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならば慎重にことを進めれば視力を回復できるでしょう。こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

この薬の使用に反対を唱える眼科医もいます。

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店が併設されていることがほとんどだと言う悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。眼科に頼るならミオピン等の点眼薬が淡い期待を持たせてくれます。田中謹也のアイトレーニングの実績

現代は生活の中に発光画面がやたらに増えています。子供の目の健康には信じられないくらいの危険な社会です。

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

仮性近視のお子さんが眼科で検診を受け続けていては手遅れになることがある、こう言い切る視力回復インストラクターがいます。その真意は?

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

« 視力低下システムソニーPSP | トップページ | スマホのゲームアプリは仮性近視の最大誘引 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176385/71684877

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~未来の視力アップ:

« 視力低下システムソニーPSP | トップページ | スマホのゲームアプリは仮性近視の最大誘引 »

無料ブログはココログ

視力回復のためのリンク集