« 視力低下の最大原因任天堂の製品 | トップページ | ツムツム視力低下への入り口 »

2017年8月 3日 (木)

こどものための視力矯正

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

眼科では仮性近視は治らないという事実があるのをあなたはご存じですか。



こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。しかしある程度続けないと効果はでないとされています。

そのまま眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親の気持ちとしては有罪判決を受けたような気分です。仮性近視のお子さんが眼科で検診を受け続けていては手遅れになることがある、こう言い切る視力回復インストラクターがいます。その真意は?

瞳孔を開く薬、名前がサンドールPという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。ゲーム機やスマートフォン、携帯電話、どれも仮性近視を促進させる要因が日常生活には溢れています。

仮性近視の子供~親が認識しておくべきこと

実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。とにかく数週間それを点眼して経過を見ることになります。その理由は様々ありますが、もし仮性近視の特効薬があっても眼科ではそれをススメないでしょう。

« 視力低下の最大原因任天堂の製品 | トップページ | ツムツム視力低下への入り口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176385/71319499

この記事へのトラックバック一覧です: こどものための視力矯正:

« 視力低下の最大原因任天堂の製品 | トップページ | ツムツム視力低下への入り口 »

無料ブログはココログ

視力回復のためのリンク集