« パズドラは視力低下を社会に蔓延させている | トップページ | 視力低下システム3DS »

2017年7月15日 (土)

視力低下を招く主犯はスマートフォン

年少の兄弟姉妹が、視力低下になる可能性が増えてきます。

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもが仮性近視になる率が高くなるというわけです。 まず心理的重圧、これで親は慌ててしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

こどもの近視で特筆すべきは、兄弟や姉妹は、年長が近視になると、弟や妹は近視の確率が減ります。



児童の視力異常が増えています。早急な対策が必要です。視力低下の原因は、近くのものを長時間見続ける、これが一番の原因であることは明らかです。

仮性近視の子供~親が認識しておくべきこと

というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

けれども最初のこどもが視力が正常なままだと、自分の子供が仮性近視になると何かと気苦労が多くなります。視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける スマートフォンは最悪です。



つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってパソコンでアクションゲームを長時間行うなどは、恐ろしい結果を招くことは明らかです。手遅れにならないうちに視力回復の手立てを考えなければなりません。子どもの視力回復は可能です。

« パズドラは視力低下を社会に蔓延させている | トップページ | 視力低下システム3DS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176385/71141469

この記事へのトラックバック一覧です: 視力低下を招く主犯はスマートフォン:

« パズドラは視力低下を社会に蔓延させている | トップページ | 視力低下システム3DS »

無料ブログはココログ

視力回復のためのリンク集