« 視力低下を招く主犯はスマートフォン | トップページ | 日本を近視社会にし続けるパズドラ »

2017年7月19日 (水)

視力低下システム3DS

視力回復の真実

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもの近視になる確率が低くなるというわけです。





とにもかくにも心理的問題でやられます、これに親は困ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で興味深いのは、兄弟だと一番上の子が近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。児童の視力の悪化が増えています。早急な対策が必要です。子供が眼を悪くしてしまうとなにかと面倒が絶えません。視力低下を招く原因は、近くのものを見続ける凝視する、これが一番大きい原因です。

年下のこどもが視力低下になるリスクが増してきます。

つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。したがってスマホアプリなどのゲームは、子どもの視力を喰い物にしているのです。でも子どものうちなら視力回復の良い方法があります。

しかし一番上が近視にならないと、要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。 視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる 3DSは最悪です。



« 視力低下を招く主犯はスマートフォン | トップページ | 日本を近視社会にし続けるパズドラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176385/71181534

この記事へのトラックバック一覧です: 視力低下システム3DS:

« 視力低下を招く主犯はスマートフォン | トップページ | 日本を近視社会にし続けるパズドラ »

無料ブログはココログ

視力回復のためのリンク集